プロポリスのサプリ選びブログ

プロポリスを徹底比較

概要説明:プロポリスとは?

プロポリスは、ミツバチによって作られる天然由来物質。
同じくミツバチから作られる物質の、ハチミツやローヤルゼリーと混同されやすいが、実は全く異なる特徴を持っている。
その特徴や性質をこのページでまとめている。

サプリメント選びに役立つ情報も掲載している。
まずは、しっかりと基礎知識を身に着けたいという方にオススメのコラムだ。

何の為に作られる?

プロポリスはミツバチによって作られる。
当然のことながら、人間の科学技術では作り出すことができない。

ミツバチがこれを作る目的は主に巣の衛生管理だ。
密閉された状態にある蜂の巣の内部は、高温多湿になりやすい傾向がある。
つまり、雑菌やウイルスなどが繁殖しやすい環境になっているのだ。

そこで、働き蜂は巣にプロポリスを塗りつける。
こうすることで、殺菌・消毒の効果を得ているという訳だ。
また、入口や隙間に塗りつけることで補強するという目的もあると考えられている。

どうやって作られる?

主な原材料は、樹脂だ。
樹脂は植物の傷ついた部分から分泌される液体で、強い殺菌作用を持っている。
ミツバチは、その殺菌作用を巣の衛生管理に活用しているという訳だ。

しかし、プロポリス=樹脂という訳ではない。
樹脂の他にも、花粉などが原材料として使われている。

自然界にある素材をミツバチ自身が集めて、最終的には自分の体内で分泌液と混ぜ合わせる。
こうすることで、新たに生まれる栄養素があるのだ。

こんな栄養素が含有されている

プロポリスには、合計すると約400種類以上もの栄養素が含まれていると考えられている。
これだけ多彩な栄養成分を配合している自然由来物質は非常に稀だ。
その中でも、私たち人間の健康維持に役立つと言われている栄養素をまとめてみた。

桂皮酸誘導体

桂皮酸誘導体は、成分の総称である。
具体的には、アルテピリンCやp-クマル酸などの有用成分が挙げられる。
これらをまとめて桂皮酸誘導体と呼んでいる訳だ。
プロポリスに含まれる栄養素の中でも、特に健康維持や美容など様々な分野に貢献してくれている栄養素で、大きな注目を集めている。

フラボノイド

植物の色素成分であるフラボノイドには、優れた抗酸化作用がある。
フラボノイドもまた成分の総称だ。
フラボンやフラバノン、フラバノールといった40種類以上のフラボノイド類がプロポリスには含有されている。
エイジングケアに役立つ成分をしっかり摂取することができる。

ミネラル類

人間の生命活動に必要不可欠な栄養素、ミネラル類をバランスよく摂取することができる。
マグネシウム・マンガン・カルシウムなどに加えて、鉄・銅・亜鉛なども含有。
不足しがちな栄養素を補給することができる。

ビタミン類

ビタミンB群を中心にバランスよくビタミンを摂取できる。
ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンなどが特に豊富に含まれているのが特徴だ。
葉酸やビタミンEなどのビタミンも含まれている。

その他の栄養素

この他にも多岐にわたる栄養素が含有されている。
クロロゲン酸をはじめ、4-カフェオイルキナ酸、テルペノイド類などが含まれている。
これらの栄養素は、それぞれ健康維持への活用で注目されている栄養素。

これだけ豊富な栄養素をバランスよくたっぷりと補給できるのは、プロポリス以外には、なかなか見つからないだろう。
サプリメントを活用して、その働きをしっかりと実感したいものだ。